YUKONAビルディング
2019年12月29日

続・八雲の家リノベーション



2014年のリノベーションのその後。『変化』に対応できるフレキシブルな空間を、少しずつ手を加えながら7年、当初イメージしていた最後のPHASEに到達しました。子供達は、小5から高3、小4から高2、小1から中2に。
PHASE1の変化は3年後の2017年、大机での勉強スタイルから、個人の机に向かう形に更新。空間はできる限りオープンな形を保つ。
2年後の2019年、下2人の男子が、小6と中3になると、生活時間帯の違いから勉強エリアと就寝エリアをカーテンで開閉できるように更新。
さらに2年後の2021年、中2と高2。それぞれの空間を必要とするも、空間を共有してきた感覚を踏襲し、間仕切り壁ではなく、パネルで仕切る。これまで使っていた家具やカーテンをし活用する形で2人の個室エリアとしました。

 
所在地 東京都目黒区
用途 専用住宅
改修面積 79.29㎡ ( 23.99坪)
施工 リンク・パワー株式会社
yakumo2016'

竣工時の配置

竣工時の配置

yakumo2017_1'

3年後

2017年 3年後 それぞれの机を持ち、学習と就寝のエリアをわける。

yakumo2017_2'

3年後

家具でエリアをわける。将来を見越してカーテンレールを取付け。

yakumo2019'

5年後

2019年 5年後 学習エリアと就寝エリアを
カーテンで開閉できるように。

yakumo2021-0

7年後

2021年 7年後 パネルパーティションで
それぞれの個室エリアを作る。

yakumo2021-2
yakumo2021-3
yakumo2021-4
previous arrow
next arrow
将来を見越した段階プラン
yakumofuture
piccolo BLOG!